ライスフォース

ライスフォース(株式会社 アイム)


92%が満足と答えた保湿命♪のスキンケア

585人のモデルやタレントが大絶賛したという、「ライスフォース」はお米由来のライスパワーエキスを採用したスキンケアです。

特に保湿力に優れていいて、肌本来の保湿力まで高めてくれるので、乾燥が原因によって起こる、毛穴の開きや、くすみ、乾燥によって過剰分泌してしまった皮脂による炎症ニキビなどに 効果を発揮すると注目されているんです。

通販限定で700万本も突破したほどの人気を誇る「ライスフォース」の10日間のスキンケアセットを1,890円で試すことができます。

しかも、嬉しいのは30日間の全額返金保証がついているということです。30日間以内なら、使用していても全額返金してもらえるので、気軽に試すことができますね♪


→→ 5,600円相当が1,890円!使っていても返品OKなので安心です

実際にライスフォースを使ってみました♪

お米由来のライスパワーエキスを採用したライスフォース ライスフォースは585人のモデルやタレントたちに大絶賛されたスキンケアです

使ってみた方の92%が満足と答えたライスフォース 保湿力にすぐれ、乾燥による毛穴トラブルを改善できるライスフォース

販売数700万本を突破した人気のライスフォース トライアルにも30日間の全額返金保証がついているライスフォース

5,600円相当のスキンケアセットが1,890円で試せるライスフォース 多くの女性誌に紹介されているライスフォース

つい1、2ヶ月前に、購入を悩んだときは公式HP に「500万本突破!」って書いてあったライスフォースですが、今はすでに「700万本突破!」だそうです。スゴイ人気!

毛穴にも効果があるのか、ちょっと不安だったんですが、保湿力に優れているみたいで、乾燥による毛穴トラブルにはすごく効果が高いそうなので、 試してみることにしました。全額返金保証も30日間もついているので、安心して注文することができましたよ♪

肝心の使い心地ですが、ローション!浸透力が違います。す~っとお肌に馴染んでいく感じですよ(^^)さらに美容液とクリームを使って潤いを閉じ込めると、 お米由来のエキスが配合で浸透したローションが長時間肌の奥にキープされるそうなんです。

たった10日間でしたが、肌のキメが細かくなったのか、肌の色が少し明るくなった気がしました。 しかも、気にしていた小鼻の細かいポツポツがきゅっと引き締まって目立たなくなりました(゜゜)さすが、タレントやモデルに選ばれているだけありますね♪


→→ 本当に40歳?愛用者の方の写真つきの口コミはこちら

ライスフォースの特徴

  • 通販限定なのに700万本突破!タレントやモデルにも人気
  • 92%の女性が潤いに満足したライスフォース

    「ライスフォース」のスキンケアは通販限定で700万本も突破したほど、口コミ人気が高いんです。 潤いに対する満足度も92%とほとんどの女性が、 効果に満足しているのも特徴です。

    また、「ライスフォース」はモデルやタレント、女子アナなどにも絶大な人気を誇っていて、そのうちの585人が 大絶賛したくらいなんです。美容のプロでもあるヘアメイクさんたちにも人気が高いというのも効果に期待できますよね。

  • 浸透力が段違い!注目成分「ライスパワーエキス」
  • ライスフォースはお米由来の成分で浸透力が段違い

    「ライスフォース」に配合されている保湿成分はお米由来の”ライスパワーエキス”という独自の成分。 この”ライスパワーエキス”は一般の保湿成分に比べて分子が小さいため、浸透力が違います

    角質層までぐんぐん浸透して、お肌の奥まで潤いを届けてくれます。

  • つけた時だけじゃない!長時間潤いが続く
  • ライスフォースは長時間潤いが続きます

    「ライスフォース」の特徴は、潤いの浸透力に優れていることと、もう1つ!ケアしたその時だけではなく、 長時間うるおいが続くということです。

    配合されている”ライスパワーエキス”は肌本来の水分保持力まで高める力が認められていて、肌の奥で、水分を長時間キープすることができるんです。


→→ ライスフォースが選ばれる3つの理由を教えて!?

ライスフォースの詳細

商品名 ライスフォース
販売会社 株式会社 アイム
価格 1,890円(トライアルセット)
内容 薬用保湿化粧水・薬用保湿美容液・薬用保湿クリーム
+6大特典付き
主な成分 ディープモイスチュアクリーム(薬用保湿クリーム)
ライスパワーNo.11、水、オクタン酸セチル、BG、植物性スクワラン、ジメチコン、他
公式HP 株式会社 アイム

 

→→ ライスフォースの公式HP


このページの先頭へ

PukiWiki